研究概要

研究対象による分類

  1. 2次元分光:2次元ラマン分光、2次元IR分光等の基礎理論の研究
  2. 非線形光学過程:ポンプ・プローブ、フォトンエコー分光等による電子励起状態の解析理論の研究
  3. 化学反応:電子移動反応やプロトン移動反応等、凝縮相中分子の量子ダイナミックスの研究
  4. フラストレーション系の動力学:スピングラス系による固体中分子の単一分子分光や溶媒中の電子移動反応の解析
  5. 量子輸送:ラチェット系、共鳴トンネルダイオード
  6. 有機物導体:量子化学計算によるBEDT−TTFやDCNQI等のモデル化と電子状態の解析

研究手法による分類

bullet散逸系の量子階層型運動方程式: 非摂動・非マルコフ過程に対する量子フォッカープランク方程式、量子マスター方程式の導出と応用
bullet分子動力学シミュレーション:多次元分光の解析手法の開発
bullet 確率過程的理論:ストカステック理論の展開とその応用
bullet 経路積分法:影響汎関数、変分法、摂動展開等を用いた解析的計算
bullet モンテカルロ・シミュレーション:フラストレーション系のモンテカルロ解析
bullet 量子化学計算 :共鳴ハートリー・フォック法の適用、量子化学計算による分子系のモデル化と電子状態の解析

英語講義録

bulletシュレディンガー方程式、ディラック表記・経路積分90分 (Zip file, Dec 14, 2016 version)
bullet多次元振動分光理論の講義ノート (Zip file,  Nov 24 2016)
bullet多次元電子励起分光理論の講義ノート (Zip file,  Nov 24 2016
bullet散逸系の階層型運動方程式(nonMarkovian)講義ノート   (Zip file, Nov 24 2016)

プログラムソース

bulletMarkovian2005(Gaussian-Markovian master equation for a spin system coupled to 3D anisotropic baths)
bulletnonMarkovian2009 (with low temperature correction terms,   Jan 12, 2011 version)
bullet nonMarkovian2009+2D (with low temperature correction terms+ subroutines for linear and 2D correlation spectra,  Oct. 3rd, 2012 version)
bulletnonMarkovian2012+2D (Drude+Brownian mode)
bullet TanimuranFP15 (real-time and imaginary-time quantum hierarchal Fokker-Planck equations,   March 21 , 2015 version)
bulletGPU-HEOM  (HEOM code for CUDA) M. Tsuchimoto and Y. Tanimura, J. Chem. Theory Comput.,11, 3859 (2015).

Switch to English