Switch to English  

 (クリックしても拡大されません。)

安藤 耕司(あんどう こうじ) 

准教授


略歴

1992 博士(理学)(東京大学); 1991-1992 学振研究員(京都大学); 1992-1995 ポスドク(米・コロラド大学); 1995-1996 基礎特研員(理研・反応物理化学研); 1996-2000 講師(筑波大学・物質工学系); 2000-2005 講師(英・バーミンガム大学); 2005- 現職。

 

研究テーマ

分子多体系における量子移動過程の理論とシミュレーション

 [例えば、電子移動、水素移動、励起移動、非断熱遷移など。物は単分子から溶液、蛋白質、分子結晶まで、特に限定していない。]

 

近頃の論文

Kim H.–D. and K. Ando, Semiquantum molecular dynamics simulation of liquid water by time-dependent Hartree approach, Journal of Chemical Physics 131, 064501 (2009).

K. Ando, Semiquantal valence-bond wavepacket description of chemical bonding, Bulletin of the Chemical Society of Japan Vol. 82, No. 8, 975-983 (2009). (Preprint, PDF 306 KB)

N. Sakumichi and K. Ando, Semiquantal analysis of adiabatic hydrogen transfer rate, Journal of Chemical Physics 128, 164516 (2008).

K. Ando, Ligand-to-Metal Charge-Transfer Dynamics in a Blue Copper Protein Plastocyanin: A Molecular Dynamics Study, Journal of Physical Chemistry B 112, 250-256 (2008). [Part of the James T. (Casey) Hynes Festschrift]

K. Ando, Semiquantal analysis of hydrogen bond, Journal of Chemical Physics 125, 014104 (2006).

K. Ando, Semiquantal time-dependent Hartree approach to condensed phase chemical dynamics: Application to the system-bath model, Journal of Chemical Physics, Vol. 121, No. 15, pp. 7136-7143 (2004).

K. Ando and M. Santer, Mixed quantum-classical Liouville molecular dynamics without momentum jump, Journal of Chemical Physics, Vol. 118, No. 23, pp. 10399-10406 (2003).

K. Ando and H. Sumi, Path integral Monte Carlo calculation of reaction-diffusion equation, Journal of Chemical Physics, Vol. 118, No. 18, pp. 8315-8320 (2003).

K. Ando, A stable fluctuating-charge polarizable model for molecular dynamics simulations: Application to aqueous electron transfers, Journal of Chemical Physics, Vol. 115, No. 11, pp. 5228-5237 (2001).

 

和文解説

安藤耕司、電荷平衡法の電子移動反応系への応用、機能材料 Vol. 25, No. 11, pp. 35-42 (2005). (プレプリント, PDF 364 KB

安藤耕司、溶液内や光合成反応中心の電子移動における量子トンネル効果とコヒーレンス、物性研究 Vol. 72, pp. 240-254 (1999) (プレプリント, PDF 168 KB

安藤耕司、水溶液中の酸電離とプロトン輸送の分子的機構、電気化学および工業物理化学 Vol. 65, No. 5, pp. 342-347 (1997) (プレプリント, PDF 335 KB

 

担当講義

基礎物理化学A・B (1回生) / 化学統計論I (大学院) / 反応量子論特論 (大学院集中講義@早稲田大学)

古い講義資料 (@英国バーミンガム大学)

 

覚え書きその他

coLinux のインストール / 近頃読んだ本から / カタルーニャ工科大学で学位審査員を務めたときの覚え書き (200512月)。

プランク1901年論文英訳の HTML ページ LaTeX で組み直して PDF にしたもの。

Python for scientists (by Konrad Hinsen) 和訳(7年ぶりの復活)。

 


Tel;  075-753-4018 (秘書)
Fax; 075-753-4018

E-mail; ando (化学専攻外の方は @kuchem.kyoto-u.ac.jp をつけてください)